下の2つの命術を身に付けると・・・


お客様のほとんどの相談に自信をもって対応でき、なかでもご相談の多い婚姻や仕事に関することは非常に明快にわかります。
●松明序音(まつあかり じょね)先生のご感想


わたしは複数のカルチャースクールで講師を担当させて頂いておりまして、四柱は解ってるつもりでした。が、甘かった!! 

支合したら地支が変化する? 地支五行が変化したら蔵干通変星が消える? なんと月支五行までも変わることあり? なんでや!! 

半方合とは? 方合って全て季節揃ってなんぼのはず。半会扱い出来んはず!! 嘘や! 信じられへんから認められへん。わたしの今までの常識がそう叫び、唖然とした状態で初回は終りました。 

当然、家に帰り、自分の婚期みてみました。

わたしは身弱の官殺混雑の人間です。

正官が○になった大運で、日干干合の流年で結婚しました。大当たり!!

第2回終了時には、六親の生死の看法で、亡き父上と母上の死期も確認出来るようになってました。

支合で蔵干消す魔法の方程式があって、これがクセモノだが、使いこなせれば婚期、死期、病気などほぼ確実に見極められる、ということ。

画期的や!! 従来の日本の四柱がなかなか死期当たらんかったん! そうやったんか! 師匠、わたし目からウロコです!! 

これ紫微とかけ合わすと、かなり占術の精度UPになる。

「紫微でどうかなぁと思ったとこ、四柱でみてやっぱりそうやったんか」みたいに・・・ W受講お推めします(金と時間があれば・・・) 

それと初心者の方へいうときますと、五行と通変星の相生相剋関係さえきっちり反応出来れば(理解でなく反応です)、初心者様も充分参加できます。

現にわたしのクラスにも素人さんおられますよ。

一遍でわからんかったら、再受講するのは常識!! わたしもそうしてますから。(注:オンライン講座は何度でも視聴できますので、再受講は不要です。田中記す

 最後に、日本語ですらややこしい学問を海外まで行って、外国語で苦労して苦労して手に入れ、その大切な宝物を出し惜しみすることなくわたしらに分けてくださる師匠のお姿を、わたしは尊敬するし感謝もいたしております。

ご苦労さまですが、これからもわたしらをお導きください。 

一般の受講生様のご感想


わたくしの講座を受けられた生徒様のI様より、つぎのようなご丁寧なご感想をいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の講義ではお世話になりありがとうございまた。

初めての紫微斗数の講義、久々の勉強は、先生の言葉を一字一句聞き洩らさず理解しようと集中したため帰りは頭がフラフラでしたが、とても心地よい疲れでした。

占いの勉強は楽しく、やはり私は占いが好きなんだなと改めて感じました。

今までは占術の核心部分は、答えを自分で見つけ出し、それに先生から正解か不正解か答えをいただけるという教わり方で、正解が出せなければそのまま終わるという形でしたので、初回からこれほど濃い内容で、先生が惜しみなくご自分の知識を私達に平等に与えてくださる事にとても驚きました。

昨日マイクロレコーダーで少し復習をしました。

先生のお話される口調がゆっくり柔らかく復習がしやすいので「何が分からないのか分からない」状態から少しずつ理解出来てきて、紫微斗数の命盤の中には、四柱推命の命式には感じた事の無い血の通った様な、その人の人生のストーリーがとても細かく示されているのだと感じました。

そしてそのストーリーを読み取る経験やセンスも必要だと思いました。

初回でこんなに教えていただいて9回目を終える頃には一体私の知識はどんな事になっているのだろうと、今からとても楽しみです。

何年も前から先生の講義を受けたいと思いながらずっと行動に移せずにいましたが今回、この様なお時間を頂けて本当に良かったと思っています。

どうもありがとうございます。

そして本題が後になってしまいましたが、本日、先生の書籍が届きました。お忙しい中をこんなにも速く送っていただき、申し訳ありませんでした。

まだパラパラと拝読しただけですが、私の知っている占いの本は後半を万年歴や○○早見表に取られて1番知りたい事が殆ど無い物ばかりでしたので、ロジックの多さ、内容の濃さに驚きました。

占術を門外不出とされる方と、紫微斗数を広めたいと思われる田中先生との違いがご本にも、講義にも現れている様に感じました。

先生から紫微斗数を教えていただける事をとても誇りに思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

I様は、関西で著名な四柱推命の先生の教室に通っておられた方で、東洋占術の基本はよくご存知です。

今回は、四柱推命と紫微斗数の違いも体感されたようで、また少なからず講義内容にはご満足いただけたようで何よりと思っています。

I様、有り難うございました。

田中宏明

●沖山仁教先生のご感想


私の名前は沖山仁教と申します。

今、田中先生の元で台湾、陳老師の四柱推命を学ばせて頂いております。(2019年当時)

内容が日本の四柱推命と違って目から鱗の事も多かったのでお伝えさせて頂きます。

初めは2015年より先生の元で欽天派紫微斗数を学ばせて頂きました。この内容も今まで勉強した紫微斗数とは違って、内容の深さ、ロジックに驚愕をしました。

体得していきながら鑑定をしますとその的中率も驚きで、寝ても覚めても紫微斗数と言うぐらい、解かった事の喜びと言いますか、もう頭の中で勉強した数々がグルグルと回って勉強の毎日となりました。

四柱の方は田中先生にお世話になる前にやっておりました。

20代に大阪の五行易の大家金沢先生の高弟の元で四柱推命と五行易を勉強して、その後 安田靖先生の五行の四柱推命、透派の四柱推命などを勉強してきました。

なのでもう四柱の経歴は30年以上となります…

しかし鑑定になると紫微斗数をメインとして四柱は性格判断や身弱、身旺などの判断以外は使っていなかったのです。

それは、私と同じように思っておられる先生方が居られるか分かりませんが、性格判断には欠かせないものであっても後天運観法が紫微斗数と比べ曖昧ではっきりと解からない…

つまり今年の運、10年の運など簡単に当たる事もあるのですが、外れる事もあり軽くしか言えず、それをタロットなどでフォローという感じになっていたのです。

しかし今回四柱の勉強させて頂き感じることは、この台湾の四柱推命は紫微斗数と両輪の様に同じ答えを導き出す事ができているのです。

ここまで後天運観法が出来るのかと毎回の講習会が目から鱗となっています。

紫微斗数をされている方でしたら、絶対この四柱も勉強をされた方が良いと思います。

講習中に必ず紫微斗数と対比していきますので、相乗効果で紫微の勉強も出来ています。

欽天派紫微斗数を勉強中の時、おっしゃった事を思い出します。

「台湾の陳先生は鑑定の時、四柱推命がメインで紫微斗数を確認の為に使う」と…

当時“え~それは嘘でしょう?これだけ紫微斗数が当たるのにあり得ない”

と思っていましたが、今はこの四柱推命を勉強させて頂いて思う事は陳先生と同じように四柱推命をメインに紫微斗数をサブに鑑定したいという事です。

ありがとうございましたm(_ _)m

講座一括お申し込みの場合、10%割引の特典!

紫微斗数講座全7回は、△16,800円、八字講座全4回は、△9,600円お得です!

欽天四化派の紫微斗数はロジックが精緻で的中率が高い命術です。

星曜派、飛星派の紫微斗数とは異質の命術です。

陳老師の八字(台湾の四柱推命)は、合婚法(男女の相性)のみかたを学ぶだけでも価値があると思います。

【重要】各講座の受講に際して

はじめての方は会員登録が必要です!


①お名前

②メールアドレス

③パスワード(各自で設定)

を入力していただくだけでOKです。

これで無料講座や無料動画がご覧いただけます。

詳しいご案内はつぎのブログをご参照ください↓

https://ameblo.jp/fuushu/entry-12675646945.html


さらに、有料講座をご利用されるときは、Stripeでのクレジット決済をお願い致します。

※銀行振込みをご希望の方はこのサイトの右上の「お問い合わせ」よりお知らせください。

【必見!】婚姻に関する2つの動画

離婚をみるロジックと八字の合婚法【無料講座】

秘伝と言われるようなものは本にはふつう書かないものです。

三老師


日本で活躍するフランス料理の一流のシェフは、まず本国フランスで修行された経験を皆お持ちです。

料理は、本だけでは習得できないので当然といえば当然です。

欽天四化派の紫微斗数や八字の命術はどうでしょうか。

本場の台湾まで行って学ぶ方は、日本の方でわたくしが知っている人は数人です。

それも何度も足を運ばれたのは、わたくしもお世話になった村野大衡先生しか存じ上げていません。

漢文に精通されている方は、中国語で書かれた命術の原典やそれに関連する書籍を取り寄せて独学された方もおられることと思います。

でも、本に書かれたことがすべてではありません。またほんとうに大切なこと、つまり秘伝と言われるようなものは本にはふつう書かないものです。

わたくしも何度も台湾やマレーシアに赴き、素晴らしい老師と出会ってそれを肌で感じています。

(写真上は陳永瑜老師、左下は鄭莉安老師、右下は徐曾生老師)

受講に際してよくいただくご質問


●以前、田中先生の講座を教室で受講した者ですが、あらためて再受講したいと思っています。

再受講費は、少しお安くなるのでしょうか?

➡再受講のお問い合わせ、有り難うございます。

再受講費は、半額で受講していただけます。

恐縮ですが、どの講座をいつ頃受講されたかをお知らせください。


●初心者ですが受講は可能でしょうか?

➡講座は、かなり密度は濃いほうだと思います。

短期間にできるだけ多くのことを学んでいただきたいと思っているからです。

どんな勉強も、みな最初は初心者です。

一歩一歩階段を昇るように上を目指して努力を惜しまなければ、早い遅いはありますが、いつかは頂上に着くことができるはずです。

学びたいという熱意が何より大切で、それを失うことがなければ習得はどなたでも可能と思っています。


●八字講座を修了してから紫微斗数講座を受講するということも可能なのでしょうか?

➡可能ですが、八字講座で紫微斗数のお話もよくしますので(象意の検証のため等)、紫微斗数講座を修了されてから八字講座を受けられる方のほうが多いです。


●動画はダウンロードできますか?

➡動画は講義開始より無期限で何度も視聴できますが、ダウンロードはできません。

※一部の動画は視聴期間が1年ですが、ご連絡いただきましたら延長します。


●資料は何か配付されますか?

➡動画のテキスト資料はPDFでダウンロードできます。その他、必要な資料も閲覧もしくはダウンロードできるようにします。


●メールで質問できますか?

➡ご質問は、講座開始後約1年間、お受けします。

但し、プライベートなご質問はお控えください。  

また、過去に大量の質問を一度に送ってこられる方がおられましたが、節度あるご対応をお願いします。

ほかの受講生の方にも参考になるご質問は、受講生の皆様にも回覧致します。

過去にいただいたご質問で、皆様にもご参考になる質問はQ&Aのような形式で、本オンラインスクール上やFacebookページの占風鐸・オンラインサロンで閲覧できるようにしたいと思います。


●講座を受講すれば占い師になれますか?

➡忌憚なく申せば、プロの占い師として活動していくには、1、2年の経験が必要です。

どの世界の仕事も最初は見習い期間というものがあり、先輩上司の方に教わりながら仕事の術を身に付けていくものです。

ですから、講座を受けただけですぐにプロの占い師として稼ぐのは難しいと言わざるを得ません。

また、占い師はどこかの会社に属して派遣や契約社員として活動するやり方と、個人事業主としてやっていく方法があります。

個人事業主を選ばれたら、自らお客様を見付ける、つまり集客のためのマーケティングや営業が必須です。

そのためにはブログやホームぺージ等でまずは占い師として情報発信に努めなければなりません。

独立してやっていくには、単に占いの知識や経験だけでは仕事にならないこともおわかりいただけると思います。

欽天四化派の紫微斗数は厳しいというお声を頂戴しています。

命術の結果に、いたずらに不安になったり恐れたりしないことです。

天は克服できない課題を与えることはないというのが、わたくしの信条です。

ですから、長い人生いろいろな出来事があり、よくないと思われることでも試練として受け止め、真摯に対峙していく姿勢が必要と思います。・・・

https://youtu.be/n78co0Bxf3M

神理は永遠に存在する不変の真理です。

この世に宗教宗派がなかった時代でも、神理(真理)は存在しました。

神理とは森羅万象を貫く大法則、普遍の真理のことです。

神理を勉強するのは楽しいことです。

神様はどうしてこの世を造られたのか・・・

三世の因果をみる佛学ともいわれる欽天四化派の紫微斗数を学ぶ者は、神理の勉強も必要です。

https://youtu.be/mhGhdCMFvRA


「1+1=2」以上の相乗効果が期待できる。

ある尊敬します占術家の先生がおっしゃっていたことですが、「紫微斗数と四柱推命の両方を扱えたら鬼に金棒・・・」と・・・

とくに欽天四化派の紫微斗数と陳老師の八字は鑑定、看命結果は近似します。

これは命盤や命式に対して自分が下した結果について、間違いがないかどうか確認ができます。

両命術を使いこなすことができれば、「1+1=2」以上の相乗効果が期待できるように思っています。

https://youtu.be/hnCn4yBWNdk

拙著「欽天四化紫微斗数の世界」

著者 田中宏明  発行所 一粒書房


欽天四化紫微斗数の世界 目次

第一章 運命の老師との出会い

●これからは紫微斗数の時代へ

第二章 欽天四化紫微斗数の特長

1 紫微斗数の三つの流派

2 男女星

3 来因宮と生年四化

4 離心力と向心力

5 12宮について

6 我宮(六内宮)と他宮(六外宮)

7 六線法

8 大限(10年こどの12宮)

9 宮位転換

10 宮位重畳

11 串聯

12 媒介

第三章 欽天四化のさまざまなロジック

●生年D(生年化忌)

●AD同組、BC同組

●冲

●遷移宮に多くの星がある場合

●質能の変化と質量の変化

●同象自化

●夫妻宮が無象、単象、双象

●業報因果

●疾病

●財帛宮と疾厄宮はイコール

●意外(事故・怪我等不慮の災害)

●適職

●丙年と癸年生まれの女性は結婚にハンデがある?

●女命で男星が疾厄宮に入っていると・・・

●桃花と異性縁

●夫妻宮に生年四化が付いた星がある場合

●婚姻の良否(離婚のリスクは・・・)

●未亡人になるような人は・・・

●再婚は慎重に・・・

●財運

●財帛宮は単にお金だけをみる宮ではなく夫婦関係もみる

●財帛宮の再考察

●子宝に恵まれにくい方へ

●命宮は自分だけをみる宮ではありません

●官禄宮は仕事をみる宮だけではない

●訴訟・裁判

●大貴人の星

●人生・仕事の結果は=考え方×熱意×能力×運勢

●来因宮と四大假合

●精神病の根本的な原因は色情因縁

●神理の法則を知らないと運命はよくならない

●因縁自覚

●人間は無限の可能性がある

●来因宮は因縁、生年ABCDは果報をみる

●因果を乗り越えて・・・

●開運法に特効薬はない

●命運のよい子を授かりたければ・・・

●占い師に向く人は・・・

第四章 命盤の解説とみかたのポイント

例題一 秋葉原通り魔事件 加藤智大氏

例題二 実業家 堀江貴文氏

例題三 歌手 故岡田有希子様

例題四 我が命盤

●命盤のみかたについて

●一瞥して命盤の良し悪しを判定する4つのポイント

第五章 増補版の補足事項

●生徒様からの一問一答

●自化平衡-1

●自化平衡-2

●自化平衡-3

●不倫の子を持つ女性

「あとがき」

参考文献

著者プロフィール